• 新着情報
  • 霞が関オフィス
  • 立川オフィス
  • 業務内容
  • 労災保険/特別加入制度
  • 創業支援/助成金申請代行
  • お問い合わせ

ベルーフ社会保険労務士法人 新着情報

トップページ > 新着情報

新着情報

求人情報【霞ヶ関オフィス/立川オフィス】 (2018年8月15日)

雇用形態:正社員、契約社員

勤務時間:9時半〜18時(残業あり)

業務内容:社会保険労務士業務全般(関係役所への書類提出、データ入力、給与計算業務等)

給与等委細面談(試用期間3ヵ月有)、通勤手当支給、正社員登用制度有、新卒可、未経験者可、土日祝休み

ご応募の際は、履歴書・職務経歴書をご郵送ください。
面接の日時等は追ってご連絡致します。


障害者雇用促進制度に関する報告書 (2018年8月6日)

厚生労働省の「今後の障害者雇用促進制度の在り方に関する研究会」が報告書を取りまとめた。短時間(週20時間未満)働く障害者を雇用する企業への助成制度や、障害者が働きやすい環境整備を行っている中小企業の認証制度、障害特性などの情報を企業や支援関係者で共有する「就労パスポート」の仕組みの創設などが盛り込まれ、秋に検討会を立ち上げて具体的に議論する。


運輸業事業所で8割違反 (2018年8月6日)

厚生労働省は31日、2017年にトラックやバスなどの運転手を雇う事業所を対象に実施した立入り検査の結果を発表。調査対象となった5,436事業所のうち84%にあたる4,564の事業所で、労働関係法令の違反が確認された。このうち最も多かったのは違法残業の3,162事業所(58%)で、残業代の未払いが1,171事業所(22%)。悪質な違反として書類送検されたケースも61件あった。


自民党が厚生労働省の分割案 (2018年8月6日)

自民党の行政改革推進本部がまとめた、中央省庁の再々編に向けた提言案が明らかになった。厚生労働省については、社会保障分野の重要性の高まりから業務量が極めて多くなっており、分割も視野に入れた検討が必要だとしている。2001年の省庁再編時に厚生省と労働省が統合されたことによる効果が見られない政策もあるとし、2020年を目標に新体制を発足させたいとしている。


過労死防止大綱が初の改定 (2018年7月30日)

政府は過労死を防ぐための対策をまとめた「過労死防止大綱」を閣議決定した。2015年の策定から初めての改定。「勤務間インターバル制度」導入企業の割合を2020年までに10%以上とする数値目標を設定し、過労死や長時間労働が多い業種として特別調査の対象とする業種にメディアと建設を追加した。